入門!Dreamweaver使い方講座

エンコーディング

初心者がつまづきやすいエンコーディング。これをDreamweaverの機能で簡単に解決しちゃおう!
dreamweaverのエンコーディングに関する機能を紹介。

エンコーディング

これは便利機能なのかどうなのか・・・。ページのエンコーディングです。機能的に便利ではないかもしれませんが、覚えてると便利かもしれないので便利機能のカテゴリに。 新規ページを作成したときにわざわざページプロパティ開いてエンコーディングを指定するのは面倒くさいですね。新規ページを作ったときにすでに目的のエンコーディングになってると手間が省けます。通常ですとshift_jisになってるので問題はないかと思います。日本ではこれが一般的なので。 ただし、環境によって、JISだったりUTF-8でなければならないかもしれません。 もしそのエンコーディングで制作することが多ければ、環境設定でデフォルトのエンコーディングを変えてしまいましょう。 図解する必要もないくらい簡単です。普通に環境設定を開いてそれっぽいところを開いて変更してください。

さて、ページ毎にエンコーディングを変更するときがありますよね。こんなときは直書きもいいですが、間違える可能性が無いとは言い切れません。なるべくはDreamweaverのパネルを使用したほうが無難ではないでしょうか? HTMLのエディタにはエンコーディング部分を書き換えると、全体を更新してくれるものとしてくれないものがあります。前者の場合問題ありませんが、後者は問題ありです。エンコーディングの宣言部分でいくら書き換えてあげても、本文のエンコーディングは変わらないということなので。 というわけで、折角Dreamweaverを使用しているのですから、そこらへんは機能に甘えてページプロパティを使いましょう。 ページプロパティは練習のページでも出てきましたが、一応軽く。

・デザインビューをアクティブにし、プロパティパネルからページプロパティをクリック。
・上部メニューバーから修正→ページプロパティ。
・ショートカット[Ctrl+j]を利用する。

こんな感じですかね。あとは左側のカテゴリに【タイトル/エンコーディング】を選択し、右側のところを目的にあわせていじってください。

dreamweaver初級
練習講座
dreamweaver中級
便利機能 & トピックス
番外編
その他
ショッピングのことなら
BOOKMARK